ヒーリングの効果を高める方法のまとめ【勉強しておきたい知識や考え方編】

  • ヒーリングや気功などのエネルギー療法講座、セミナーに参加して学んでみたけれど、いまいち伸び悩んでいる・・
  • ヒーラー、気功師として、もっと技術を向上させたい、施術の効果を高めたい
  • クライアントさんから信頼されるヒーラー、気功師になりたい

といった方のために、ヒーリングや気功の効果を最大限に高めるために、勉強しておいたほうがよい知識や考え方をお伝えしていきたいと思います。

 

※既に気功やヒーリングを学び始めている初心者、中級者の方向けの記事です。

 

※新しいアイデアやお伝えしたいことが出る度に、随時記事を追加していく予定です。

 

ヒーリングの効果を最大限に高める方法のまとめ・勉強しておきたい知識や考え方

 

この記事を書いている人

・菊地勇介 気功師歴 約16年(一番の趣味は、気功について考え、気功の練習をすること)

・東京 渋谷区 代官山にて、手当て整体 菊地屋を経営

・毎週、約400人(2020年10月の時点で)の方に向けて、二人三脚ヒーリングベーシック」と「ノラジカ」という、同時一斉遠隔ヒーリング(ずっと無料)を行っている。

ヒーリングや気功が上達しづらい人の特徴

 

結論からお伝えすると、ヒーリングや気功がなかなか上達しない人の特徴は「正解を求めてしまう人」です。

 

前提として、気功やヒーリングの世界に正解はない(コツはありますが)ということは、知っておいたほうがいいかと思います。

 

気功やヒーリングの世界は、とても抽象的で曖昧な世界なので、どうしても「こうすればいい」という正解を求めたがる人が多いのですが・・

 

技術をどんどん高めていくためには、他の気功師やヒーラーの話は鵜呑みにせず、あくまでも参考程度にとどめておいたほうが無難だと思います。

 

なぜなら、どの世界でも成果を上げている人は必ず「自分はこう感じる」「自分はこう考える」「自分ならこうする」という感覚(自分の軸)を大切にしているものだからです。

 

良い先生とは、どんな人に習うべきか

 

世の中には「これが正しいヒーリングのやり方で、他は間違っていますよ」とか、「これが唯一無二のエネルギー療法ですよ」みたいな権威的な演出をして、セミナーや講座を募集しているエネルギー療法の先生たちもいますが、個人的には、「正しさ」「真理」みたいな絶対的なものを強調している人たちのところで習ったりすると、上達が遅くなる可能性が高い気がします・・

 

これは気功やヒーリングに限った話ではありませんが、どんな分野であっても良い先生というものは「生徒自身が自分の頭で考えることを促すもの」ですからね。

 

つまり「これが正しいやり方です」みたいな教え方をしてしまう先生は、生徒が自主的に考え、思考錯誤する機会を奪っている可能性があるわけです。

 

ヒーリングや気功の能力がどんどん上がっていく人の特徴

 

先生や先輩のアドバイスを素直に聞く人のほうが、上達するイメージがあるかもしれませんがそれはちょっと違います。

 

ヒーリングや気功の上達が早い人は、沢山の人からアドバイスをもらい、沢山の教材から学び、膨大な情報をインプットした上で、それを鵜呑みにしない人です。

 

能力がどんどん上がっていく人は、インプットした知識や技術をそのまま鵜呑みにするのではなく、それが本当に効果的なのかどうかを良い意味で疑い、ちゃんと検証するものです。

 

そして、取捨選択していく過程で見つけた「これは使えそう!」という一握りのダイヤの原石を、今度は日々の練習によって何度も何度も磨きあげて自分だけのダイヤ(武器)を手にするのです。

 

繰り返しますが、気功やヒーリングの世界に絶対正しい方法など存在しません。

 

存在するのは、正しい方法ではなく、その人に合った方法です。

 

ですから、「これが正しい方法ですよ」とアドバイスしてくる先生や先輩の話は半分聞き流しつつ、自分自身の素直な感覚や気持ちに軸足を置いて、地道に「自分に合う方法」を研究し続けることが上達の近道なのではないかと思います。

 

一人一宇宙。あなただけの正解を探す

 

僕はよく「一人一宇宙」という言葉を使いますが、一人一人感じていることも考えていることも違うわけですから、ある意味、「一人一人違う宇宙を生きている」ようなものだと思うのです。

 

気功やヒーリングのやり方や考え方だって、それぞれ違うのが当たり前ですし、むしろ、それぞれが「自分オリジナルの体系を作る」くらいの意気込みを持ったほうがいいと思っています。

 

あなたが感じている、生きている世界は「あなただけの宇宙」です。

 

あなたの宇宙では、あなたが王様であり、その世界をコントロールできるのもあなたです。

 

ですから、誰かが押しつけてくる正解なんて無視して、あなたが信じる、あなただけの正解を軸にして、気功やヒーリングの技術や考え方を育てていってほしいと思います。

 

※ただし、あなたが見つけた「正解」はあなただけのものであって、他の人にとっての正解ではありませんので、くれぐれも人に対して、自分の正解を押し付けないほうがいいと思います。

 


この方法は正しいのか・・この学び方でいいのか・・と、不安になった時の考え方

 

ヒーラーや気功師の大切な資質として「自分の感覚を信じる」ということがあります。

 

この世界はとても曖昧で抽象的で、科学的な検証が不可能なこともあってか、いろいろな人が好き勝手なことを言っている世界です(笑)

(100人の気功師がいれば、100通りのやり方、考え方がありますからね)

 

そういう、膨大な施術方法や考え方が溢れている中で、他の意見に振り回されず(参考にする程度であれば何も問題ないのですけどね)自分の感覚を信じることはなかなか難しいことですし、時には心が折れそうになることもあるかと思います・・

 

でも大丈夫です!

 

そういう不安で、自信をなくす場面は、僕も含めて、全ての先輩気功師や先輩ヒーラーが経験してきた道ですから(笑)

 

これは気功やヒーリングに限った話ではなく、スポーツや科学の世界でも、そもそも練習や研究というものは、とても孤独で地道な作業の繰り返しですからね。

 

むしろ、孤独を感じたり、「これでいいのかな・・」「自分は間違ってるんじゃないか・・」と不安を感じた時は、こう考えてみてください。

 

「孤独や不安を感じているいうことは、私は真剣に練習や研究に取り組めている証拠だ」と。

 

真剣だからこそ、苦しさや不安を感じるものですからね。

 

それに、誰でも心が折れそうになる時はありますが、そういう時は、気功師やヒーラーにとって必須である「自分のマインドをコントロールするための良い機会」でもあります。

 

瞑想や深呼吸をしたり、半身浴をしたり、外の空気でも吸って、気持ちをうまくコントロールしていきましょう。

 

〇関連記事

瞑想が続かない理由瞑想が続かない人へ。瞑想を習慣化させて効果を感じやすくするウラ技

 

ネガティブな気持ちを少しずつコントロールできるようになると、醸し出す雰囲気が落ち着いてくるので、クライアントさんから信頼されやすくなりますし、信頼度が上がると気功やヒーリングの効果が飛躍的に高まりますよ!

 

〇関連記事→ヒーリングや気功の技術を沢山勉強しても、なかなか効果を出せない人の特徴(気功やヒーリングを行う時に緊張や焦り、不安などを感じやすい方におすすめの記事です)

 

ちなみに僕は、心が落ち込んだ時やあまりやる気が出ない時は、仕事のことは考えず、趣味に時間を使うようにしています。

 

本を読んだり、映画やアニメ、マンガ、ドラマを観ることに、徹底的に時間を使います。

 

そうすると、沢山の情報をインプットすることになるので、その情報同士が化学反応を起こして、気功のアイデアが生まれたり、ブログに書きたいことが出てきたりするので、自然と行動するエネルギーが出てくることが多いです。

 

気功やヒーリングの世界に疲れた時は、いったんそこから離れて、全然違うことに集中してみてはいかがでしょうか。


「部分最適or全体最適」あなたはどっち派のヒーラー、気功師?

 

気功師やヒーラー、整体師など、世の中には沢山の施術家がおりまして、それぞれ施術に対する考え方、病気についての捉え方は違いますが、その中でもとてもポピュラーな価値観があります。

 

それは「身体の悪いところを見つけて、そこを改善させれば病気は良くなる」という価値観です。

 

おそらく、施術家ではない一般の方でも、この考え方はすんなり納得できるのではないでしょうか。(それだけオーソドックスな価値観ということですね)

 

それもそのはずで、この考え方は病院で行っている「対症療法」と基本的に変わらないからです。

 

病気の患部を手術で切除したり、抗生物質で病原菌を退治したりする治療法のことですね。

 

病院に行くとまずは「検査」を受け、病気の原因を特定しようとしますが、それと同じように、気功師や整体師、カイロプラクターといった民間療法の施術家の中にも、検査をものすごく重視する方は多いです。

 

僕の中では、こういった対症療法的な身体の見方は「部分最適を狙っているもの」だと解釈しています。

 

部分最適とは、身体のシステムの一部(悪さをしている場所、ボトルネックになっている場所)に着目して、その部分を最適化することです。

 

そのことによって、結果的に身体というシステム全体が最適化されることも十分あるので、これはこれで有効な方法論だと思います。

 

ただ、僕の考え方はちょっと(いやだいぶ)違います。

 

僕が行っている同時一斉遠隔ヒーリング(二人三脚ヒーリング)や、手当て整体 菊地屋の対面での気功施術の特徴は、最初から「全体最適しか狙わない」というところにあります。

 

全体最適を狙ったヒーリングというのは、「木を見て森を見ず」という言葉で例えるならば、いきなり森全体を元気にしていこうとするようなイメージの施術です。(参考記事)

 

部分にアプローチする作業はとても具体的ですが、一方で、全体のバランスを整えるためのアプローチはとても抽象的で不思議なものです。

 

ですので、菊地屋の施術を受けて驚かれるクライアントさんはかなり多いみたいです。

 

例えば、骨盤の歪みや首の可動域の狭さ(動きの悪さ)にアプローチする場面があったとして、対症療法的な施術であれば、ふつうは骨盤や首に直接アプローチするはずですが、僕はほとんどそこを触りません。
(クライアントさんからすれば、なんで触らないの!?という感じでしょうね)

 

そういったケースでは、背骨や脳に対してアプローチすることが多いのですが、それは背骨や脳の施術をしたほうが、身体全体が最適化されやすいと考えているからです。

 

実際、首や骨盤を触らなくても、これだけで大抵の症状は軽減しますからね。

 

部分を最適化することで、結果的に全体が最適化することもありますが、逆に、最初に全体を最適化させてしまえば、部分も自然と最適化されることが多いわけですね。

 

どちらの考え方も間違ってないですし、そもそも正解、不正解がある話ではないのですが、僕個人としては後者の考え方のほうに惹かれますし、しっくりくる感覚を持っています。

 

この「部分最適を狙うか全体最適を狙うか」という考え方は、施術の可能性を広げる上でとても重要な概念なので「自分はどっち派なのか?」「どっちがしっくりくるのか?」を一度じっくり考えてみることをおすすめします。

 

ちなみに、もしあなたが全体最適を狙う施術にご興味があるのであれば、まずは「自律神経」「ホルモン」「免疫」のことを勉強して、それらと関わりが深い人体の部位(例えば視床下部や下垂体、腸など)を特定し、そこに気を流したりヒーリングしてみることをおすすめします。

 

この3つは、心と身体を正常に機能させるための土台となるシステムなので、ここが改善すると、あらゆる不定愁訴を改善できる可能性が高いです。


今のところ人に教える予定はありません

 

こんな記事を書いていると、気功やヒーリングを教えている人のように思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

僕はあくまでも「施術者」ですので、セミナーを開いたり、オンライン(通信講座)で技術をお伝えするような予定は今のところありません。
(未来のことはわからないので、絶対にやらないということではありませんが)

 

ただ、たまに同業者の方や気功やヒーリングに興味がある方が施術にいらっしゃった時には、時間が許す限りいくらでもご質問にお答えしていますし、必要であれば技術的なアドバイスもさせていただいております。

 

ですのでもしも、僕の気功やヒーリングに対する技術論や考え方を聞いてみたいという風変わり(笑)な方がいらっしゃいましたら、手当て整体 菊地屋に施術を受けに来ていただければ、楽しく気功やヒーリングの話ができるかと思います。