「人は自分を救済する為に生きている」文豪ストレイドッグスのセリフに共感する

世の中がコロナウィルス一色になっている今、クライアントさんから、よくこんなことを言われます。

 

「こんな時期なのに、お店を開けてくれて助かります」

 

ありがたい言葉です。

 

でも、お礼を言いたいのはこちらのほうで、クライアントさんがいてくれてはじめて、僕らは「施術家」という役割を与えてもらうことができます。

 

セラピストという役割を与えてもらっているからこそ、ブログやメルマガでも、心や身体のこと、生き方のこと、人生のことについて、なんとも偉そうなことを発信することができているわけです。

 

自分はセラピストだと一人で名乗ったとしても、誰かがその役割を肯定してくれて、実際に会いに来てくれたり、発信した文章を読んでくれなければ、自分を一端のセラピストだと認めることは難しいでしょうしね。

 

僕は、施術家として誰かに手当てをしている時やカウンセリングをしている時、少しだけ自分を「まともなやつ」だと思うことができます。

 

僕のような人間でも、少しは誰かの役に立てるのだと思えること自体が、僕自身の救いになっているのです。

 

クライアントさんは「こんな時期なのに、お店を開けてくれて助かります」と言ってくれますが、僕からすれば、「こんな時期なのにわざわざ来てくれて、僕に施術家としての役割を与えてくれてありがとうございます」という気持ちなのです。

 

コロナ騒動で世の中にストレスと不安が渦巻いている今、いろいろな人たちが、「自分にも何かできることはないか」と動きだしています。

 

もしかすると、そういう人たちの動きを「きれいごと」だとか「いい子ぶってる」とか、そんな風に感じてしまう人もいるかもしれませんが、僕を含めて、そういう人たちの多くは、誰かの役に立つことが、まわりまわって「自分の救いになる」ということを知っているだけなのではないかと思います。

 

ですから、誤解を恐れず、ものすごく極端な言い方をすれば、誰かの役にたとうとする気持ちの中には「ほんとは自分が救われたい」というエゴも入っているのだと思います。

 

でも、それでいいのではないでしょうか。

 

少なくとも僕は、自分を犠牲にしてまで誰かの役に立とうとする人よりも、心の底に「救われたい」というエゴを持っている人のほうが、人間らしくて好きです。

 

いや、好きというよりも共感するんです。だって僕も同じですから。

 

今回、ずっと無料で受けられるヒーリングをやろうと決めた気持ちの中にも、自分を「すこしはまともなやつだと思いたい」というエゴが混じっているはずですし、実際、少しでも誰かの役に立っているという実感を得られれば、それだけで僕は救われてしまうのだと思います。

 

文豪ストレイドッグスというアニメの中で「人は自分を救済する為に生きている」というセリフがあるのですが、ほんとにそうだなと思います。

 

ずっと無料の遠隔気功・二人三脚ヒーリング参加者募集中