「手当て」でヒーリングを行っている時に痛みが出た時の対処法

痛み遠隔ヒーリング

ノラジカヒーリング(ずっと無料)参加者の方からいただいたご質問

 

ノラジカヒーリング2回共に手を当てた臓器の位置がハッキリと分かりました。

臓器の位置から温かさが広がり、ズッシリと重たいような感覚がありました。

昨日の腎臓の際は、それに加えて痛みがあったのですが、それは腎臓の状態が良くないと言う事なのでしょうか?

あと、痛い時はそのまま手を当て続けた方が効果があるのでしょうか?

昨日は、お腹側の肋骨へ手の位置を変えると痛みは無くなったので、その状態でヒーリング受けました。

※遠隔ヒーリングの効果には個人差があります。

 

ノラジカヒーリングとは?

 

菊地からの回答

 

お答えします。

 

>昨日の腎臓の際は、それに加えて痛みがあったのですが、それは腎臓の状態が良くないと言う事なのでしょうか?

 

多くの現代人は、ストレス、偏った食生活、運動不足などによって、全体的に臓器が疲れてしまっていて血流が悪くなっています。

 

その中でも腎臓は、東洋医学的には「冷えやすい臓器」と考えられていますので、おそらく、血流が悪くなっていたのだと思います。

 

筋肉の血流が悪くなると、冷えて固くなり、いわゆる「こった状態」になりますが、これと似たような感じで、臓器も血流が悪くなると、「冷えて固くなる」傾向があります。

 

そして、血流が悪くなっている臓器を押すと、こっている筋肉と似たような感じで「痛みを感じることが多い」のです。

 

(わかりやすい例だと、ストレスや食べ過ぎなどによって血流が悪くなりやすい「胃や腸」の辺りをある程度強く押してみると、固さや痛みを感じる方が多いはずです)

 

腎臓の手当ての場合、背中側に手を置くので、手のひらの上に完全に体重がかかります。

 

これは、逆に考えると、手のひらで腎臓を強めに押しているような状態なので、腎臓が冷えて固くなっていた場合、多少の痛みが出たとしても不思議ではありません。

 

全然珍しいことではないので、不安になる必要はありませんが、血流が悪くなっているのは間違いなさそうなので、「二人三脚ヒーリング・べーシックや「ノラジカヒーリング」、または半身浴や湯たんぽなどで、たまにはケアしてあげるといいと思います。

 

〇半身浴と湯たんぽによるセルフケアについての記事↓

 

>あと、痛い時はそのまま手を当て続けた方が効果があるのでしょうか?

 

それは目的によりますね。

 

例えば、臓器の機能を高めることが優先であれば、ある程度、痛みがあったとしても、そのまま手を当て続けたほうがいいと思います。

 

「臓器の位置から温かさが広がり、ズッシリと重たいような感覚がありました。」とのことですが、これは冷えて固くなっている腎臓に血液が集まり「じわ~っと、ほぐれていっている状態」だと考えられます。

 

冷えきって、かじかんだ手を急にお湯に入れると「ビリビリ」感じることがありますが、それと似たような感じで、冷えている場所に血流が集まると、「ちょっとした痛みや違和感が出る」ことはめずらしくないのです。(腎臓以外の臓器でも同じようなことが起こり得ます)

 

これも、ある意味では「好転反応」の一種と言えるかもしれません。

 

ただ、「リラックスしたい」とか、「ヒーリングを受けながらストンと寝てしまいたい」ということを優先したい場合は、痛みがあると気になってしまうはずなので、リラックスできる場所に手の位置を変えたほうがいいと思います。

 

 

日々、心と身体に向き合うプロのセラピストに無料で質問することができます

 

二人三脚ヒーリング・べーシックや「ノラジカヒーリング」に無料登録していただくと、今回のようなヒーリングに関する質問はもちろん、心や身体についてのさまざまな質問にも回答させていただいております。

 

〇ご質問に関する注意点

 

ご質問の内容と回答については「実名を伏せて」、メルマガで送る音声か文章でシェアさせていただくことがございます。

 

私の知識が追い付かないことや、あまりに個人的な内容で、共感できる人が少なすぎると判断した質問などにはお答えできない可能性もあります。