ヒーリングの効果を高める方法のまとめ【イメージや意識の使い方編】

イメージや意識の使い方

  • ヒーリングや気功などのエネルギー療法講座、セミナーに参加して学んでみたけれど、いまいち伸び悩んでいる・・
  • ヒーラー、気功師として、もっと技術を向上させたい、施術の効果を高めたい
  • クライアントさんから信頼されるヒーラー、気功師になりたい

といった方のために、ヒーリングや気功の効果を最大限に高めるための方法、コツをイメージや意識の使い方という視点からお伝えしていきたいと思います。

 

※既に気功やヒーリングを学び始めている初心者、中級者の方向けの記事です。

 

※新しいアイデアやお伝えしたいことが出る度に、随時記事を更新していく予定です。

ヒーリングの効果を最大限に高める方法のまとめ・イメージや意識の使い方

 

この記事を書いている人

・菊地勇介 気功師歴 約16年(一番の趣味は、気功について考え、気功の練習をすること)

・東京 渋谷区 代官山にて、手当て整体 菊地屋を経営

・毎週、約400人(2020年10月の時点で)の方に向けて、二人三脚ヒーリングベーシック」と「ノラジカ」という、同時一斉遠隔ヒーリング(ずっと無料)を行っている。

ヒーリングや気功の技術を沢山勉強しても、なかなか効果を出せない人の特徴

 

結論からいうと、それはクライアントさんの前で「落ち着いた雰囲気、リラックスした雰囲気」を演出できていない人です。

 

いずれは、演出などではなく、本当に落ち着いている状態、リラックスした状態で気功やヒーリングの施術ができることに越したことはないわけですが、さすがに経験が浅いうちからそんなことができるわけがありません。

 

ですので、最初は技術でカバーしながら、落ち着きやリラックス感を演出して、クライアントさんを安心させてあげることも重要な仕事です。

 

不安感を露わにしながら施術してしまうと、クライアントさんから「この先生だいじょうぶかな・・」と思われてしまい、効果が出づらくなる可能性がありますからね・・

 

力があるヒーラーや気功師に共通している雰囲気

 

訓練によって、高い能力を獲得している気功師やヒーラーは、落ち着いていて、リラックスした雰囲気をまとっていることが多いものです。

 

おそらく感の良いセラピストは、そういう雰囲気が自然と出るような精神状態でいたほうが、気功やヒーリングの効果が高くなることを経験から学んでいるのだと思います。

 

落ち着いていたり、リラックスしていると、なぜ気功やヒーリングの効果が高まるのかというと、そのほうがクライアントさんと強く同調することができるからだと思います。

 

まだ読んでいない方はこちらの記事→「【どんな仕組み?】対面・遠隔ヒーリングの原理をわかりやすく解説」をご覧いただきたいのですが、ヒーリングが起こるメカニズムは「同調現象」という切り口で、ある程度説明することができます。

 

つまり、クライアントさんとうまく同調しなくてはヒーリングは起こせないわけです。

 

では、クライアントさんの立場になって、「どんな気功師やヒーラーであれば、自然と同調したいと思えるか?」を考えてみましょう。

 

「同調したい」という表現が抽象的過ぎるようであれば、「この先生に委ねてもいい」と思ってもらえるか?でもオッケーです。

 

そう考えると、不安感があふれ出している先生よりも、やはり、リラックスしていて、落ち着いていると感じる先生のほうが、自然と同調しやすいと思いませんか?

 

ちょっと厳しい意見かもしれませんが、基本的に気功師やヒーラーは、クライアントさんの前で不安を出すべきではないと思っています。

 

なぜなら、その不安がクライアントさんを警戒させ、同調してくれなくなるからです。

 

同調してくれなければ、効果的なヒーリングを起こすことは難しくなります。

 

ですから、初心者、中級者の頃は演出でもいいので、クライアントさんに安心してもらうために、リラックス感や落ち着きを演出する必要があると僕は考えています。

 

昔は僕も不安でした・・

 

ここで、ちょっと僕の実体験をお話しさせてください。

 

僕は20代の前半くらいから、ある気功院に弟子入りし、気功の世界に入りました。

 

当時は兄弟子がいて、師匠とその兄弟子の2人がメインで施術をしていました。

 

ところが、ある日突然、その兄弟子が治療院に来なくなったのです・・

 

どうやら師匠と揉めたようで、本当にその日以降辞めてしまいました・・

 

まだ一度も現場で施術したことがないのに、その日から急に、僕が現場に出ることになりました。

 

当然、不安です・・

 

これまで30過ぎの兄弟子がやっていた仕事を、20そこらの半人前の僕が引き継ぐわけですからね。

 

でも、僕は絶対に不安を外に出さないと決めていました。

 

なぜなら、クライアントさんにとっては、いくら若くても僕は「先生」だからです。

 

そこに「甘え」があってはいけないと思いました。

 

ですので、クライアントさんの前に立つのであれば、演出だろうとなんだろうと一生懸命気張って、不安を見せないようにするのも、気功師やヒーラーの重要な仕事なのではないかと僕は考えています。

 

落ち着きやリラックス感を演出するための意識の使い方

 

とても簡単に、落ち着きやリラックス感を演出できる方法をお伝えします。

 

それは、クライアントさんの前で

 

「ゆっくり話す」

 

「声のトーンが高くなり過ぎないようにする」

 

「ゆっくり動く」

 

この3つを意識するだけです。

 

言葉も動きも、あまりにゆっくり過ぎると異様な感じになるので、あくまでも「いつもよりもちょっとゆっくり」くらいで大丈夫です。

 

なぜ、ゆっくり話して、声のトーンを少し下げ、ゆっくり動くことが重要なのかというと、緊張していて不安な人ほど、「早く高いトーンで話し」「早く動く」からです。

 

一方で、高すぎないトーンでゆっくり話ながら、身振りもゆっくり動く人は、落ち着いた印象を相手に与えるものです。

 

役者の中には、演技に入りこみすぎて本来の自分と切り替えができなくなってしまう方もいるようですが、最初は演技でも、本気で取り組めば、不思議と本当に落ち着いてきたり、リラックスできるようになるものです。

 

クライアントさんの前で不安になってしまうタイプの方は、是非試してみてください。

 

ちなみに・・

いつでもどんな時も、不安を表に出してはいけないとは思いません。

あくまでも、「クライアントさんの前に立っている時は」ということです。

あまり気張り過ぎて、いつでもポジティブな人間になろうとか、強くなろうとするのも、それはそれで、なんとなく「嘘っぽい」雰囲気が出てしまうものですからね・・

日常的には、不安があってもネガティブでもいいのです。

クライアントさんの前に立った時だけは、スイッチを入れて、いつもとは違う自分になりきれるように意識してみてはいかがでしょうか。


対面でのヒーリングを行う時の効果的な気の送り方

 

 

上のイラストのような感じで、「波」のような感覚で手から気が出ているイメージをすると、ヒーリングや気功の施術効果が出やすくなると思います。

 

水面に石を投げ入れると「波紋」が広がりますが、その波紋が気を送る対象に向けて突き進んでいく感じですね。(実際の水面の波紋のように360度全方位にイメージを広げる必要はありません。)

 

ここで紹介しているケースは、対象から手を離して気を送る、いわゆる「手かざし」のやり方ですが、もちろんクライアントさんの身体に直接手を当てても構いません。

 

その場合も、手の平や指先から、ヒーリングしたい部位に向けて、エネルギーが波紋のように広がって浸透していくイメージを描くと良いと思います。

 


今のところ人に教える予定はありません

 

こんな記事を書いていると、気功やヒーリングを教えている人のように思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

僕はあくまでも「施術者」ですので、セミナーを開いたり、オンライン(通信講座)で技術をお伝えするような予定は今のところありません。
(未来のことはわからないので、絶対にやらないということではありませんが)

 

ただ、たまに同業者の方や気功やヒーリングに興味がある方が施術にいらっしゃった時には、時間が許す限りいくらでもご質問にお答えしていますし、必要であれば技術的なアドバイスもさせていただいております。

 

ですのでもしも、僕の気功やヒーリングに対する技術論や考え方を聞いてみたいという風変わり(笑)な方がいらっしゃいましたら、手当て整体 菊地屋に施術を受けに来ていただければ、楽しく気功やヒーリングの話ができるかと思います。