無料遠隔施術・自宅を癒しの場に変える二人三脚ヒーリング・ベーシック

二人三脚ヒーリング

無料遠隔施術・自宅を癒しの場に変える「二人三脚ヒーリング・ベーシック」とは?

 

 

まだご覧になっていない場合は
二人三脚ヒーリングとは?」というページからご覧いただくことをおすすめします。

 

二人三脚ヒーリング・ベーシックはこんな方におすすめです。

※ヒーリングに参加するためには申し込みフォームへの登録が必要です。

 

ずっと無料の遠隔ヒーリングにご興味がある方

 

〇感受性が強く、不安や恐怖を感じやすい方

 

〇イライラや怒りをコントロールして、できるだけ機嫌よく生活したい方

 

〇ストレスを軽減したい方

 

〇ストレスや食べ過ぎなどの影響で、胃腸が疲れている方(胃のもたれ、腹痛、便秘や下痢、ガスなど)

 

〇免疫力を高めたい方

 

〇入眠しやすくなりたい、睡眠の質を改善したい方

 

〇消耗した「気」を補い、元気になりたい方

 

〇ストレスを減らす価値観や考え方を学びたい方

 

〇体調を良くしたり、症状を改善させるためのセルフケアにご興味がある方

 

〇心や身体について、いろいろと質問できる機会がほしい方

 

※ヒーリングの効果には個人差があります。確実な効果、治癒を保証するものではございません。

 

目次

コロナウィルスが暴いた地味で素朴な真実

 

 

コロナウィルスの問題が起こったことで、私たちは「地味で素朴な真実」と向き合わざるをえなくなりました。

 

それは、「やっぱり健康が一番大事だよね」ということです。

 

これまでの世の中では、お金や権力、整った容姿、学歴などのステータスが「強力な武器」になると考えられていて、みんながその武器を欲しがっていました。

 

しかし、ウィルスという自然の力の前では、強力だったはずの武器も役に立たず・・

 

皮肉なことに、唯一頼りになる武器は、誰もが当たり前に持っていて、なんのステータスにもならない免疫力や自己治癒力などの、純粋な身体機能だけでした。

 

私たちはつい、自分の外側に幸せを求めてしまいがちですが、健康ほど大切なものはないとすれば、まるで「幸せの青い鳥」のエピソードと同じように、本当に大切なものは身近に、いや身近どころか自分の身体の中に眠っているということなのだと思います。

 

あなたの身体の中にも、免疫力や自己治癒力といった「健康の種」が存在しています。

 

あとは、その種を大事に効率よく育てていくだけです。(ストイックさは必要ありません。それぞれのペースで、ゆる~く、気楽に育てていけば大丈夫です)

 

二人三脚ヒーリング・ベーシックは、こんな世の中だからこそ、前を向いて、今よりも健康な心と身体を育てていきたいと思っている方をサポートするために生まれました。

 

アフターコロナ・withコロナの世界では間違いなく、世界中で「健康」というテーマに注目が集まるはずですが、この機会にあなたも、「健康の種」の育て方を学んでみませんか?

 

いつの日かコロナ騒動を振り返った時に「あの時は大変だったけど、健康的な生活を意識するキッカケをもらえたのはよかった」とポジティブに思えたなら素敵ですよね。


二人三脚ヒーリング・ベーシックに参加した方の感想・口コミ・体験談

 

 

 

 

昨日は23時から遠隔ヒーリングをありがとうございました。

横たわりながら、お腹と頭に手を当てながら、受けておりました。

途中から視界?(目を閉じているのですが)に温かくて大きな光を感じて驚きました。

施術中はずっとお腹が時々ゴロゴロ動いている感じで、終わった後目を開いた瞬間にお腹がふぅーと力が抜けたようになり、なんだか不思議でした。

※遠隔施術の効果には個人差があります。


 

 

 

お腹がゴロゴロ鳴り翌朝便秘が解消し、脇腹が細くなったようにスッキリしました。

多勢の方に同時に遠隔ヒーリングするとは先生は素晴らしい!

次の土曜日が待ち遠しいです。ありがとうございました。

※遠隔施術の効果には個人差があります。


 

 

 

手をこめかみにあてて、途中から直にお腹を両手で当てました。

翌日気がついたのは、目の奥がじんじん痛かったのがやわらいでいたこと、それによる歯(親知らず)の痛みもやわらいでいたことです。

※遠隔施術の効果には個人差があります。


 

 

 

だいぶお馴染みになり、のーびりと気をお待ちしていました‥と、いつも通りお腹が暖かくなり良い気持ちとこころ緩やかにしていたら足の先まで暖かく気がついたらすっかり寝込んでいました。

毎回次の日には便秘が解消します。
便秘薬が要らなくなる日が来るのではないかと期待しています。

※遠隔施術の効果には個人差があります。

 

※他にも沢山のご感想・体験談をいただいております。


ヒーリングに参加するメリット

 

①脳の前頭前野を活性化させることで、扁桃体を抑制し、不安や恐怖、それにともなう怒りをコントロールしやすくする

 

マインドフルネス瞑想をやったことがある人は、聞いたことがあるかもしれませんが、おでこの辺りにある前頭前野は、不安や恐怖の感情を生み出す「扁桃体」の働きを抑制するといわれています。

 

扁桃体には、何かを見たり聞いたりしたとき、それが危険なものなのか、安全なものなのかを評価し、その評価に基づいた感情を生み出す役割があります。

 

例えば、山登りをしている時に目の前に「野犬」が現れたとしましょう。

 

 

すると、狂暴そうな野犬を認識した瞬間、扁桃体が「アドレナリン」や「ノルアドレナリン」というホルモンを分泌することで、危険信号としての恐怖感を生み出します。

 

「ぎゃっ!」と、恐怖に身体が反応することで(恐怖のエネルギーを利用することで)とっさにその場から逃げ出したり、場合によっては、身を守るために戦うということができるのです。

 

実は、不安と怒りの感情には密接な関係があるといわれています。

 

「窮鼠猫を噛む」という言葉がありますが、これは、恐怖を感じたネズミが、その「恐怖のエネルギーを怒りに変換して、自分よりも何倍も大きいネコに立ち向かう」ということが起こっているのです。

 

 

そういったことが起こるのは人間も同じで、恐怖や不安が大きい人ほど、そのエネルギーが翻って怒りっぽくなったり、攻撃的になったりするものです。

 

ですから、不安や恐怖を作り出している扁桃体を抑制することができれば、芋づる式に怒りや攻撃性を抑制できる可能性が高いわけですね。

 

そして、扁桃体の興奮を抑制することができるのが、文字通り、脳の前方にある「前頭前野」です。

 

前頭前野は理性や論理的思考を司っている部位で、この部位が活性化していると、扁桃体は抑制され、不安や恐怖が軽減することが知られています。

 

一般的にも、論理的思考が得意な人(前頭前野が十分に機能している人)は、「冷静で感情的になりづらい」イメージがありますが、脳機能の面から見てもそれは事実なのですね。

 

ですので、この前頭前野を活性化するヒーリングを行うことで、扁桃体を抑制し、漠然とした不安や恐怖を軽減することを狙っていきます。

 

不安や恐怖の感情は、怒りと密接に関係していますので、結果的に怒りをコントロールしやすくなるはずです。

 

不安や怒りが軽減すれば、当然それにともなうストレスも緩和するはずですから、暴走しがちの扁桃体を抑制することのメリットはとても大きいと考えています。


②胃の機能を高める

 

ストレスや食べ過ぎなどの影響で、現代人の胃はとても疲れています。

 

ストレスによって自律神経が乱れ、自律神経がコントロールしている胃の機能が低下・・

 

そして、ストレスを発散するために暴飲暴食してしまい、また胃が消耗する・・

 

そんな悪循環に陥ってしまっている方も少なくないはずです。

 

心当たりがある方は、ストレスや食べ過ぎで弱った胃を、二人三脚ヒーリングでケアしてあげてはいかがでしょうか。

 

〇関連記事


③小腸の機能を高める

 

小腸は私たちの生命を維持する上で、本当にとても重要な働きをしてくれている臓器です。

 

最も有名な小腸の働きは、食物を消化して、栄養分のほとんどを吸収していることでしょう。

 

小腸の機能が低下してしまうと、生命維持に不可欠な食べ物の栄養をうまく吸収できなくなってしまうため、身体のエネルギー効率が大幅に落ちてしまいます・・

 

また、私たちの生命活動のエネルギーは、細胞内の「ミトコンドリア」によって作られているのですが、小腸の働きが悪いと、ミトコンドリアの働きも悪くなり、エネルギーをうまく作れなくなると言われています。

 

つまり、小腸の機能低下=生命力の低下と考えても大げさではないわけです・・

 

ですので、小腸の血流を改善し、機能を高めるヒーリングを習慣化することで、効率よく栄養を吸収でき、ミトコンドリアも正常に働く、エネルギー循環の良い身体を作っていきましょう。

 

 

小腸が免疫に守られていて、他の臓器と比べて病気が少ないのは事実ですが、まったく病気にならないわけではなく、近年「小腸内細菌異常増殖症(SIBO)」という小腸内に細菌が異常に増殖してしまう病気が注目されています。

 

腹部の不快感、下痢、腹部膨満が症状として現れ、「発酵食品の多量摂取」によって引き起こされるという点が特徴です。

 

「腸活」という言葉が流行したことで、発酵食品や食物繊維などを食べる人が増加しました。

 

たしかにそういった食品を食べることで、それをエサにしている腸内細菌が元気になり、免疫力が高まるなどの健康増進効果があるのは事実です。

 

しかし、あまりにも多量に摂取してしまうと、大腸の細菌が増えすぎてしまい、その細菌が小腸にも流れ込んでしまいます。

 

小腸は免疫に守られているおかげで、通常、細菌の数は極端に少ないものなのですが、小腸に細菌が異常繁殖すると、その細菌がガスを発生させてお腹をパンパンにしたり、腹痛、下痢、便秘などの症状を引き起こすのが「SIBO」という病気です。

 

つまり、多くの場合、メリットのほうが大きい発酵食品も、人によってはデメリットになるケースもあるということですね。

 

これまで、発酵食品を沢山食べてきたつもりなのに便秘が全く改善しなかったり、発酵食品を食べた後に下痢や腹痛が起きる方は、もしかすると発酵食品の摂取が多すぎたり、体質に合わない可能性がありますので、食事スタイルを見直すことを検討したほうが無難かもしれません。

 

ちなみに、1700万人以上の方が悩んでいる(中高生においては18.6%)と言われている「過敏性腸症候群」ですが、過敏性腸症候群だと考えられてきた患者さんを詳しく調べてみたら、実は「SIBO」だったといケースがとても多いようです。

 

SIBOと過敏性腸症候群との間には密接な関係があるということですね。

 

ということで、こういった病気を遠ざけるためにも、普段から小腸のケアを習慣化してみてはいかがでしょうか。

 

小腸の機能低下と密接な関係があるとされている症状

お腹の張り、異常にガスがたまる(おならが出る)、便秘や下痢。感染症にかかりやすい。

うつ、にきび、肌荒れ、肥満、むずむず脚症候群、心不全、肝不全、腎不全など・・

 


④免疫力を活性化させる

 

実は小腸は、最大の免疫臓器でもあり、全身に約2兆個ある免疫細胞の7割が集中していると言われています。

 

つまり、小腸の機能が低下すると、免疫力も低下してしまうわけです。

 

二人三脚ヒーリングで小腸の血流を改善することで、免疫力の活性化も狙っていきます。

 


⑤大腸の機能を高めて、腸内細菌を活性化させる

 

大腸には、ざっと1000種類、100兆個にも及ぶ細菌が住んでいると言われています。

 

これらの細菌の集まりは「腸内細菌叢」や「腸内フローラ(顕微鏡で細菌を見ると「お花畑(フローラ)」のように見える)」と呼ばれ、1つの臓器に匹敵するほどの影響力と機能を持っていると考えられています。

 

そのため、腸内環境を整えることは、心と身体のパフォーマンスを飛躍的に高めることにつながるのです。

 

〇日本人の腸内細菌叢は特殊!?

 

日本人は太古の昔から、木の実、海藻、キノコ、根菜類など、さまざまな食材から「食物繊維」を沢山摂取してきたことにより、世界的に珍しく、食物繊維をエサにすることで身体の役に立つ代謝物を生み出してくれる腸内細菌が多いと言われています。

(ちなみに「海藻」を分解することができる細菌は、日本人特有のものとされています。)

 

しかし、食生活が欧米化したことで、食物繊維を食べる機会が激減し、その代わりに、肉や脂肪を大量に食べるようになったり、

 

食品添加物の摂取が増えたり、病院で抗生物質を多量に使うことが当たり前になっていった結果、日本人の腸内細菌叢はどんどん乱れてきていると言われています・・

 

具体的には、人体にとって有益な活動をしてくれる、いわゆる善玉菌が減り、悪玉菌が増えているということです。

 

〇腸内細菌の乱れと密接な関係があると言われている症状

 

・過敏性腸症候群

腸に器質的な(目に見える)異常が見当たらないのに、腹痛、腹部の不快感、下痢、便秘といった症状が起こる病気。
命にかかわる病気ではありませんが、一日に何度もトイレに駆け込んだり、それに伴うトイレの不安などで、日常生活の質を著しく低下させます。
※1700万人以上の方が悩んでいる(中高生においては18.6%)と言われています。

 

・アレルギー

 

・自己免疫性疾患

 

・肥満

※肥満の方と痩せた方の腸内細菌の構成パターンは明らかに異なり、肥満の方がダイエットに成功すると、結果的に痩せた方の腸内細菌の構成パターンに近づいたという研究があるそうです。
つまり、腸内細菌のパターンが体重の増減をコントロールしている可能性があるわけです。

 

・糖尿病

※血糖値を正常にコントロールできる人の腸内には善玉菌が多いことがわかっているそうです。

 

それ以外にも、マウスによる実験ではありますが、認知症、パーキンソン病、統合失調症などとの関連があることもわかってきているそうです。

〇腸を温めると善玉菌が増える

 

腸内細菌のバランスを本気で整えるためには、どうしても食生活を見直すことが不可欠になってくるのですが、多くの人にとって、それは高いハードルになります・・

 

おそらく、食生活を見直すことで得られるレベルの変化は起こせないと思いますが、二人三脚ヒーリングによって、腸の血流を改善していくことはできます。

 

実は、腸を温めると「善玉菌が増えやすくなる」と言われていますので、習慣的にヒーリングに参加することで腸の血流を改善していけば、腸内の善玉菌が増え、腸内フローラのバランスも少しずつ整って改いくのではないかと考えています。

 

医学の父「ヒポクラテス」の言葉

紀元前5世紀に活躍した古代ギリシャの医師ヒポクラテスは、「すべての病気は腸に始まる」という言葉を残しています。

実際、これまで説明してきた「小腸」「大腸」「腸内フローラ」の話を知ると、この言葉の重みを感じざるをえません。

逆に考えれば、腸の状態をしっかりケアすることができれば、あらゆる病気にかかりづらくなったり、改善の可能性を高めることができるということですから、是非、この機会に腸のヒーリングをはじめてみませんか?

 

 


⑥脳腸相関の異常を整える

 

脳腸相関とは、文字通り、脳の状態が腸へ影響を与え、腸の状態が脳に影響を与えるという風に、互いに相関関係があるということを示す言葉です。

 

例えば、緊張によって脳がストレスを感じると、腸がそれに反応してトイレに行きたくなったり、お腹が痛くなったりすることがあります。

 

そういった経験は誰でもあると思うのですが、近年のさまざまな研究によって、腸内環境(腸内細菌のバランス)が乱れた状態だと、自律神経、ホルモン、免疫系などの伝達経路を介して、脳にネガティブな影響を与えているということもわかってきました。

 

まさに、脳と腸は「双方向的」に情報を伝達し合っており、そのプロセスに異常が起きると、さまざまな問題が起こると考えられています。

 

二人三脚ヒーリング・ベーシックは、脳と腸に同時に働きかけるヒーリングですので、「脳腸相関」の異常を整えたいと思っている方にはピッタリではないかと考えています。

 

より詳しく、脳と腸の関係について知りたい方はこちらの記事↓をご覧ください。

 

脳腸相関(脳と腸内細菌の関係)についてわかりやすく解説

 


⑦入眠しやすくなる。睡眠の質が向上する

 

慢性的なストレスを抱え続けることで、自律神経のバランスを崩してしまう方が増えています。

 

すると、自律神経は睡眠をコントロールしていますので、症状が進行すると、寝れなくなったり、睡眠が浅くなる可能性があります。

 

二人三脚ヒーリング・ベーシックは、布団やベッドの中でリラックスして受けていただける形式のものですので、ヒーリングを受けながら自然と眠くなっていけるようにデザインしています。

 

おかげさまで、不眠症の方や、一般的に寝付きづらいとされる高齢者の方からも、「土曜日はぐっすり眠れる」といったご感想を沢山いただいております。

 


⑧消耗した「気」を補い、元気を取り戻す

 

日本人の性質なのかもしれませんが、私たちは場の空気を読み過ぎるというか、人の目を気にしすぎるというか、一般的に、「気」を使い過ぎてしまう傾向があるように思います。

 

東洋医学では、人間の心と身体は気と呼ばれる生命エネルギーによって駆動していると考えられています。

 

気が充実していれば、心と身体は活動的になり病気にもなりづらいものですが、気を消耗し過ぎると、心身ともに元気がなくなり病気になりやすくなってしまいます。

 

例えば、初対面の人と会う時や、失敗が許されない場面などで気を使い過ぎると、その後すごく疲れますよね?

 

 

なぜそういうことが起こるのかというと、気を使うということは、文字通り気を消耗するということであり、それは生命力が減退するということだからです。

 

ですから、日常的に気(生命力)を使い過ぎている人は、慢性的な疲労やだるさ、眠気や気力の低下を感じていることが多いわけです。

 

周囲に気を配ることは概ね良いことなのですが、あまりやり過ぎると生命エネルギーが減退してしまいますので、自己犠牲にならないようにするためにも、周囲に気を配り過ぎてしまう人ほど、消耗した気を補うための方法論を持っておいたほうが安全なのです。

 

「近頃、全然元気が出ないな・・」と感じる方は、二人三脚ヒーリングで元気を取り戻してみてはいかがでしょうか。


⑨ストレスを減らす価値観や考え方を学べる

 

今の世の中、漠然とした生きづらさを感じていたり、人間関係で苦労したり、物事をネガティブに考えすぎてしまう・・といった人も少なくないと思います。

 

おこがましいかもしれませんが、そういった方々が少しでも楽に生きられるように、ストレスを軽減するための価値観や考え方についての記事をメルマガ(不定期)で配信しています。

 


⑩体調を良くしたり、症状を改善させるためのセルフケア情報を知ることができる

 

結局のところ、心と身体をよりポジティブな状態に変えていくためには「習慣」を変えることが一番の近道です。

 

ですので、お金もかからず、ご自宅で簡単にできる習慣化しやすいセルフケアの情報をメルマガ(不定期)でお届けします。

 

挫折しがちな健康法を継続するためのヒント、つまづきがちなポイント、効果を高める方法なども学べます。

 


⑪心と身体について無料でいろいろ質問できる

 

「ヒーリングについて」「セルフケアについて」「メルマガの内容に対する疑問」「こんなことで悩んでいるんだけど、どんな風に考えたらいいのかわからない」など、お気軽に質問していただけたらと思います。

 

ご質問の内容と回答については「実名を伏せて」、メルマガで送る音声か文章でシェアさせていただくことがございます。

 

※私の知識が追い付かないことや、あまりに個人的な内容で、共感できる人が少なすぎると判断した質問などにはお答えできない可能性もあります。

 

 

 

 

 

※遠隔施術の効果には個人差があります。確実な施術効果、治癒を保証するものではございません。

 

二人三脚ヒーリング・ベーシックの参加方法、手を当てる場所

 

 

二人三脚ヒーリング・ベーシックは、毎週土曜日の23時から、約15分間行います。

 

できるだけリラックスして受けていただきたいので、可能であれば布団かベッドに入って、そのまま寝れる状態でお受けいただくことをおすすめします。

 

それが難しければ、リラックスできるソファーや椅子で受けてもかまいません。

 

もし仮に・・
お仕事や家事、育児などで、手を当てることができなかったり、リラックスできる状態を作れなかったしても、ある程度「遠隔気功」によるヒーリングの効果は起きるはずですので、あまり気にせず、タイミングが合えば参加するといった「ゆるいスタンス」でも問題ありません。

 

手を当てる場所

 

手を当てる場所、型は「3つ」あり、ヒーリング当日、「今日はこの場所のヒーリングをしますよ」という形で、メールを送らせていただきますので、当日のメールはできるだけご覧いただくようお願いします。

 

二人三脚ヒーリング・手当てする臓器の日程表(←こちらからも確認できるようになりました)

 

パターン①前頭前野と小腸を活性化させる手当ての型(脳腸相関を整える)

 

この手当ての型では、脳の「前頭前野」と「小腸」を同時にヒーリングすることができます。

 

例えば、右手で前頭前野の手当て。左手で小腸の手当てといった感じで、左右の手を使っていきます。

 

前頭前野の手当て

 

それではまず、前頭前野を活性化させるやり方を見ていきましょう。

 

こちら↓が前頭前野です。

 

 

〇前頭前野のヒーリング・手の当て方・参考画像

 

手当てをする場所ですが、まずはどちらの手でも大丈夫ですので、写真のように、「中指」と「親指」で「両方のこめかみ※」を軽くつかんでください。
(※こめかみをつかむとは言っても「触れている程度のかるさ」で大丈夫です)

 

 

この手当てによって、不安や恐怖を生みだす「扁桃体」を抑制している「前頭前野」を活性化させ、漠然とした不安やストレスの低減を狙っていきます。

 

〇目の症状にも効果的

 

ちなみに、こめかみへの手当ては、目の疲れ(眼精疲労)、目がゴロゴロする感じ、目の痛みなど、目に関する症状にとても効果的なので、ヒーリングが終わった頃には視界が明るくなり、目がスッキリしていることを感じる方も多いです。

 

腕が疲れないように
仰向けの状態で「こめかみ」に手当てをすると、ひじが空中に浮いた状態になるので、ちょっと疲れるかもしれません。

 

その場合は、ひじの下に枕を置いて支えたり、横向きに寝たり、いろいろ工夫しつつ、できるだけ力が入らないで済む姿勢を探ってみてください。

 

また、おでこに手を当てていて「頭に血が上る感じ」や「違和感があって落ち着かない」ような感覚がある場合は、無理はせずに、おでこから「お腹」に手を移しても大丈夫です。(両手でお腹を手当てすることになります)

小腸の手当て

 

次は、小腸を活性化させる手当ての型です。

 

こちら↓が小腸です。

 

 

 

〇小腸のヒーリング・手の当て方・参考画像

 

 

既におでこ(前頭前野)に手を当てた状態かと思いますが、もう片方の手については、上の画像の「赤〇のエリア(おへそを隠すような形で手を当てる)」か、「青〇のエリア(おへその下辺り)」に手を置いてください。(この辺りが小腸です)

 

ご自分の感覚で「その日、なんとなく心地よい」と感じるほうを選びます。

 

手を当てる時の向きは、下の写真のように、縦でも横でも斜めでもかまいません。

 

 

このヒーリングで免疫細胞の7割が集中している「小腸」の血流を改善することで、免疫力やミトコンドリアの活性化、栄養吸収の効率化を狙っていきます。

 

「おでこ(前頭前野)」と「お腹(小腸)」に左右の手を当てるという状況さえ作っていただければ、仰向けで寝ても、横向きに寝ても、うつ伏せに寝ても、寝方は自由です。

 

できるだけリラックスできる姿勢であればなんでもオッケーです。

 

手当てができなかったとしても、ある程度の効果は出ます
23時より前にいつも寝てしまっている方や、さまざまな理由で、「その時間に手当てできるかわからない」という場合もあるかと思いますが、仮に身体に手を当てることができなくても、遠隔気功によるヒーリングの効果は出せると考えています。

 

とはいえ、手当てをしたほうが、間違いなく効果が高まるので、タイミングが合った時はチャレンジしてみてください。

途中から加わった「大腸」と「胃」の手当て
二人三脚ヒーリングは、コロナウィルスの問題がキッカケで2020年4月11日からはじまりました。

 

最初のころは、「前頭前野と小腸のヒーリングのみ」だったのですが、二人三脚ヒーリングから派生して生まれた「ノラジカヒーリング」のコンセプトを逆輸入する形で、途中から「大腸」と「胃」のヒーリングが加わりました。

パターン②大腸の機能を高める手当ての型

 

この手当ての型では、100兆個にも及ぶ細菌が住んでいると言われている「大腸」をヒーリングすることができます。

 

こちら↓が前から見た大腸の位置になります。

 

〇大腸のヒーリング・手の当て方・参考画像

 

大腸をヒーリングする手当ての型は「2つ」ありますので、状況に応じて、自由に使い分けていただければと思います。

 

腰側からの手当て

 

1つ目の、腰側から大腸をヒーリングする方法からお伝えしていきます。(腰痛がある方におすすめです)

 

 

上の画像は、大腸を後ろ側から見た図です。

 

黄色い点線」で書かれた骨盤のラインの上にある、2つの「黄色の〇のエリア」に手を当てていきます。

 

 

まずは、上の画像(右)のように「骨盤の上の位置」を確認して、そこから左の図のような感じで「黄色の〇のエリア」に手を当てていきます。
(親指の位置に決まりはないので、適当な場所に置いてください)

 

お腹側からの手当て

 

次は2つ目の、お腹側から大腸をヒーリングする方法です。

 

これは完全に「好みの問題」なのですが、腰側からよりも「お腹側から手当てしたほうが気持ちいい」と感じる方や、腕や肩が固くなってしまっていて、「物理的に腰側に手を回すのがきつい・・」という方にはこちらのパターンがおすすめです。

 

 

上の画像は、大腸をお腹側から見た図です。

 

黄色い点線」で書かれた骨盤のラインの上にある、2つの「黄色の〇のエリア」に手を当てていきます。

 

 

やり方は腰側からのヒーリングと同じで、まずは、上の画像(右)のように「骨盤の上の位置」を確認して、そこから左の図のような感じで「黄色の〇のエリア」に手を当てていくだけです。

 

手を当てる位置が多少ずれてもちゃんと効果は出るので大丈夫です。

 

腰側からの手当て、お腹側からの手当て、どちらも効果的ですし、どちらにも良いところがありますので、状況に応じて、この2つの手当てを自由に使い分けていただければと思います。

 


 

パターン③胃の機能を高める手当ての型

 

この手当ての型では、ストレスや食べ過ぎの影響などで疲れている方が多い「胃」をヒーリングすることができます。

 

こちら↓が胃の位置になります。

 

 

肋骨の際のラインをまたがって、だいぶ下のほうまで胃がきています。

 

胃の形について

ちなみに、胃の形は人それぞれ違っていて、上の図は日本人に多いとされている「鉤状胃(こうじょうい)」の形です。

鉤(かぎ・先の曲がった金属製の道具)に似ていることからこの名前になったそうです。

また、日本人の10人中2~3人に見られる「瀑状胃(ばくじょうい)。欧米人に多くみられる「牛角胃(ぎゅうかくい)」などがあります。

 

〇胃のヒーリング・手の当て方・参考画像

 

胃のヒーリングの主役は「左手」になります。

 

胃の無料遠隔ヒーリング

 

 

「人差し指や中指、薬指など」適当な指先で「みぞおち(上の画像の赤〇のエリア)」に触ります。(肋骨の下の縁をたどっていくとわかりやすいと思います)

 

みぞおちに置いた指先の位置はそのままにして、手のひらを「胃がある(青〇のエリア)」に置きます。

 

右手は左手の下に沿える感じで、「心地よい」と感じる場所と角度のところに置いてあげます。

 

胃の無料遠隔ヒーリング

 

腕が疲れないように
胃に手を当てると、ひじが空中に浮いた状態になり、疲れを感じる場合もあるかもしれません。

 

その場合は、ひじの下に枕を置いて支えたり、横向きに寝たり、いろいろ工夫しつつ、できるだけ力が入らないで済む姿勢を探ってみてください。

 

〇みぞおち=腹腔神経節・太陽神経叢・第三チャクラ

 

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2つがありますが、「みぞおち」の辺りには、交感神経が集まってできた塊(かたまり)があります。

 

この神経の塊のことを「腹腔神経節」とか、ヨガやスピリチュアルの文脈では「太陽神経叢(光が放射状に広がっていくような形の神経叢。それが太陽のような姿をしているため)」とか「第三チャクラ」と呼んだりします。

 

この自律神経の塊を、手当てで柔らかくほどいていくことで、疲れがちの胃腸の機能を活性化していきます。

 

副次的な効果として、腹部の余計な力みが取れることでリラックスできたり、呼吸が深くなったり、血管が拡張して冷えが改善したりします。

 

 

遠隔ヒーリングの効果を高める方法

 

二人三脚ヒーリング・ベーシックの効果をさらに高める2つの方法

 

臓器を擬人化して対話する

 

①まずは参考画像を見て、臓器(小腸、大腸、胃)の場所を確認します。

 

指定されている場所に手を当てて、手の下に臓器があることをしっかりイメージしてあげます。

 

②臓器に意識を向けながら「いつもありがとね。感謝のしるしに、これからヒーリングするからね」とか「これからヒーリングしてあげるから、元気になってね」みたいなことを心の中で唱えてあげます。

 

言葉をかけるタイミングは、二人三脚ヒーリングが「始まる前」に済ませておいてください。

 

一言か二言、語りかけてあげるだけで十分です。

 

あとはリラックスしてヒーリングを受けてください。

 

臓器に意思があるかはわかりませんが、「レモンを想像すると唾液が出るように」人間の脳は臨場感の高いイメージに強く反応するものなのです。

 

臓器の擬人化は、臓器に対する臨場感をより高める効果がありますし、臓器に声をかけることで「これからヒーリングを受ける」というモチベーションも高まりやすくなりますので、よりヒーリングの効果を高めたい方にはおすすめです。

 

現代人の小腸、大腸、胃は、食生活の乱れやストレスで慢性的に疲れています。

 

たまには労ってあげてもいいのではないでしょうか。

 

瞑想の効果をプラスする

 

2つ目は、ヒーリングと瞑想を掛け合わる方法です。

 

やり方はとても簡単です。

 

ヒーリングを受けている最中に、意識を「呼吸」や「自分の身体の感覚※」に集中するだけです。(※呼吸によって動くお腹や胸の感覚。身体の温かさ。身体の重さなど、「心地よく感じる対象」に意識を集中します。)

 

これだけで、ヒーリングに瞑想の効果をプラスできます。

 

〇関連記事↓

 

ということで、二人三脚ヒーリングの効果をさらに高める2つの方法お伝えしました。
ご興味があれば是非チャレンジしてみてください。

 

想像していなかった不思議なほどの「一体感」

 

2020年4月11日、初めての二人三脚ヒーリングを行いました。

 

この日が初回だったにもかかわらず「100人以上」の方に参加していただきました。

 

実際にやってみて驚いたのは、不思議なほど強烈な一体感を感じたことです。

 

考えてみれば、同時刻に100人以上の人が、同じ場所に手を当てながら、同じヒーリングを受けているわけで、そりゃあ、それだけの人の意識が交差すれば、何かしら起きても不思議ではないだろうなという感じがしました。

 

今後、どんどん人数が増えていくと思いますが、どんなことが起きるのか個人的に楽しみにしています。

 

二人三脚ヒーリング・ベーシック無料申し込みフォーム

 

2つのヒーリングを両方受けるのがおすすめ

二人三脚ヒーリングには「ベーシック」と「ノラジカ」の2種類のヒーリングがあり、「精神面のケア」に特化しているベーシックと、「脳や内臓のケア」に特化しているノラジカは、両方合わせて受けることで、相乗効果が生まれるようにデザインされていますので、可能な限り両方のヒーリングに登録していただくことをおすすめします。「ノラジカ」の登録フォームはこちらから


下のフォームで、一度ご登録していただくと「ずっと無料」で継続的にヒーリングを受けていただくことができます。

 

※コロナの問題が落ち着いた後は、無料で受けられるヒーリングの回数は減らすつもりですが、最低でも「月に1回」程度は、無料で受けられる機会は残しておくつもりです。

 

また、ストレスを軽減するための価値観や考え方、できるだけ身体を健康に保つためのセルフケア情報、心と身体が良い方向に変わる「きっかけ」になるような情報を(不定期に)送らせていただいておりますので、よろしければご活用ください。

 

※登録後、もしも「自分には合わない・・」と感じた場合は、メルマガの解除と同じ要領でいつでも簡単に解除できますので、お気軽にご登録ください。

 

フォーム入力後「登録確認メール」が届きますので必ずご確認ください!

 

「登録確認メール」が届かない場合、以下の3つのケースが考えられます

フォームに情報を入力していただき確認ボタンを押すと、基本的にはすぐに「登録確認メール」が届くはずなのですが、もしも届かない場合、以下のポイントをご確認ください。

 

フォーム入力後「登録確認メール」が届かない場合、迷惑フォルダにメールが紛れている。(これが一番多いです)

 

迷惑フォルダにも届いていなかった場合、菊地屋で使用している「Gmail」からのメールが受信できない設定になっている。

※受信設定を変更する方法(参考記事)⇒https://join.biglobe.ne.jp/mobile/sim/gurashi/gmail_problem180405/

 

入力していただいたアドレスが間違っている


ご質問やご感想の受付フォーム

 


※1日経っても「確認メール」が届かない場合、迷惑フォルダに入っているか、入力していただいたアドレスが間違っている可能性がありますので、アドレスを確認後、再度お問合せください。

 

二人三脚ヒーリングを受けた時の感想や、メルマガやブログの感想、質問など大歓迎です!

 

※いただいたご感想は「実名を伏せて」紹介させていただくことがございます。

 

〇ご質問について

 

「二人三脚ヒーリングに関すること」「メルマガの内容に対する疑問」「こんなことで悩んでいるんだけど、どんな風に考えたらいいのかわからない」など質問がありましたら、お気軽にご連絡いただけたらと思います。

 

質問内容と回答については、「実名を伏せて」、シェアさせていただくことがございます。

 

※私の知識が追い付かないことや、あまりに個人的な内容で、共感できる人が少なすぎると判断した質問などにはお答えできない可能性もあります。

ご感想・体験談

 

↑こちらのページで沢山のご感想・体験談をご紹介しております。

遠隔ヒーリングの原理や仕組みについての仮説

なぜ、遠隔ヒーリングの効果を出すことができるのかについて、【どんな仕組み?】対面・遠隔ヒーリングの原理をわかりやすく解説←こちらのページでなるべくわかりやすく解説しています。